ブログ

11人制の試合、経験のない選手ばかり

中学サッカーに向けて、いよいよやっちゃいますよ!!

判断力、幅の使い方、駆け引き、見る前から楽しみでしかたない。

楽しい時間にしましょう。

予想以上に、降って。
子供たちは、おおはしゃぎ!

試合は、延期。

10日、色々分けあって

TRM

うちは、週1回のTR

それなのに、練習時間をTRMにあてる意味。

実践を積み重ねること、独特の試合の緊張感。

練習のための練習ではなく

試合のための練習。

選手全員に、どんな形でもチャンスメイクをします。

失敗を怖がらず、チャレンジできる選手が伸びます。

大事な2月10日にしましょう。


南風は、4日に和白東小学校でお世話になります。

3チームによるリーグ予選

対戦相手がどのチームであれ、自分たちのやろうとしていることを

やりきって、戦ってくれたらそれが一番だと思います。

それに、インフルエンザの猛威に負けないで、まずは集まってほしいです。

天候も悪いみたいですが、チーム一丸で頑張りたいです。


朝起きると、小雨

降ったり、止んだり。

TRMの準備を進めました。

1試合目、雑なボールコントロールに、

消極的な攻めの姿勢。

なんとか1-0勝ち

2試合目、一進一退の攻防

やはり丁寧さに欠ける。

2-1で勝ったけど何とか守った感じ。

3試合目、ボールを動かす意識、攻めの波状攻撃

常にゴールを意識した強気な姿勢が得点に結びつく。

6-0勝ち

4試合目、スタミナ、やる気、集中力低下で

0-6負け。

情けないね。体で当たれず。

西区のお世話になっているチーム

様々な御苦労、また喜びを積み重ねてきた40年だと思います。

近年、部員の減少もあり、近隣チームと協力体制をとることで

子供たちのためにご尽力されているチームです。

個人的に、速いパスワークの福重のサッカーは好きです。

でも、南風からたくさん点を取ろうとするのは、嫌いです(笑)

GKの育成にも力が入っていて、足元もできるキーパーが1番でフィールドで

活躍されていたところに魅力を感じ、南風も1番フィールドできるキーパー育成を

真似したいと思いました。

近くに手本となるチームがいらっしゃることは、ありがたいこと。

これからも背中を追いかけます。

いつか、追い抜けるように。

5年、4年参加、16名

5年生の活躍を楽しみに望んだ1試合目。

前半早々

5年生に動きの悪さが目立つ、3月の新人戦に向けてサバイバル

始まっているのに。弱気なプレーに

監督は、怒り爆発。6人中5人交代

後半5年1名 4年7名で試合に臨む。

結果は、安定の追加点も決めて、勝った。

2試合目を前に、5年生と監督ミーティング。

期待してるからこそ、厳しい言葉を。

アピールしてポジションをもらわないと

2試合目、いつ流れが変わるかわからないような緊迫の場面。

相手ディフェンダーのハンドによるPK獲得。

5年生が蹴りたいというので、PKを蹴る。

狙い通り蹴れたようで、満足な顔。

やればできる!!

3試合目 ついに決勝!!

あのいつも勝てない早良

なんとか食らいつくために、ベンチワーク

選手に狙いどこと仲間との距離感を意識させると、

キャプテンのテンポの良いパスと、全体の運動量

修正点をみんなで意識して、早めの対応

優勝することができました。

16名の選手、サポーター、スタッフみんなで勝ち取れた気がします。

素直にうれしい大会になりました。


6~5年生だけで臨んだ大会

久しぶりのベンチ少なめ

1試合目おされながらも、先制!!

気分的には、追われるほうが落ち着かない。

簡単な動作ができず、あっさり失点。

2試合目

パスを回せれ、必死で食らいつき、先制点を呼び込んだ。

ここでまた、弱気な行動が相手に流れを。


良い部分は、縦への仕掛け

悪い部分は、攻め急ぎ、守備の意識が足りず

2日目、ミーティングの成果が随所に出ていた。

守備の距離感、先を読む。

一人一人が集中して試合に出ていたように感じました。

1試合目、後半終盤、相手にフリーキックを与えてしまい

負けました。

内容的には、プレッシャーをかけに行くスピード、仲間との距離感

修正できていたので、選手は頑張りました。

2試合目

なかなか攻守の切り替えも速くて、一進一退の攻防。

選手たちは、最後の笛が鳴るまで、走り続けてました。

引き分けてしまいましたが、強い相手にもひかなくなった選手たち

やればできる、成長を感じた瞬間でした。


試合の間の時間に、1試合目負けて落ち込んでいた選手を近くの公園のアスレチックに遊びに連れて行き、気分転換しました。

無邪気な笑顔を見せてくれて、こちらも癒されました。

市長杯に向けて、気持ちを上げていこうと思います。

九州ジュニア決勝トーナメント
6日は、西南と試合をしました。
120%相手が上手い。
だけど、うちは、平常心で、挑むことを徹底しました。
まさかの先制点をゲットです。
みんなでがんばったんだけど、結果的には、1-2で、負けちゃった。

7日は主催カップ戦GOEMON CUP
6チームで行いました。
ホームの勢いで、2勝!
決勝は、0-2で敗退
だけど、みんな真剣にやりきりました。
懇親会もスポンサーのお店で、豚すき焼き、うまっ。楽しい時間を過ごしました。
明日は、きっと、雨で中止。
8日、朝、えっ!!やれる笑
U-11リーグ開催
小雨、曇り、どしゃ降り
とにかくやりきりました。
U-10トレーニングマッチも挟んで、みんなバテバテ。でも、この積み重ねは、大事。環境が悪い中の経験。
チャンスをひろうこと、チャレンジをすること、がむしゃらにやりきることの大切さ。
三連休やりきりました。
みなさん、お疲れ様でした。

昨年もたくさんの皆様に支えていただきながら、活動することができました。

今年は、ゆっくりぼちぼち活動していければと思います。

チームの子供たち一人一人をもっと見ていきたいと思います。

糸島地域のサッカーファミリーの親睦、サッカー人口の増加にも、チーム活動を

充実させることで、貢献できると思っています。

少年サッカーの指導を通じ、様々な皆様と出会い、自分自身も日々勉強。

2018年もよろしくお願いいたします。


2017年チームの活動も無事に終わることができました。
4月から、主催大会、カップ戦、リーグ戦など、活発に行動できたのも、選手が努力をして、保護者会の温かいサポートがあったからです。また、たくさんのチームの皆さんとご交流させていただいたことで、たくさんの経験を積み重ねることができました。
様々なスタイルのサッカーに出会い、日々変化をしながら、時に迷いながら、サッカーに関わることができました。
皆様、ありがとうございました。
2018年も、みなさん宜しくお願いします。
南風SWF監督 古川 康弘
IN西部運動公園
最初にトレマ
GANG お互い試合経験少ない選手を起用。
うちは、4年、3年で。
ハイプレッシャー、玉際の強さが勉強になりました。
2-0勝ちました。
公式戦 けごB
前半主力を控えにおいた相手の布陣に、なかなか得点を奪えず、それでも4点をなんとかもぎとりました。
スイッチを入れ直した相手の力に完全に負け。ギリギリの守備で、3失点。
これは、ひどい。
課題は、メンタル
課題は、声かけ